第36回「海とさかな」自由研究・作品コンクール

コンクール情報
■ コンクール名
第36回「海とさかな」自由研究・作品コンクール
■ テーマ
わたしたちが毎日食べている魚。たくさんの命を育てている海。海も魚もわたしたちの暮らしと深くつながっています。第36回「海とさかな」自由研究・作品コンクールは、海や魚のふしぎ、その美しさ、魚食に目をむけた作品を募集します。
■ 応募資格
小学生(海外在住も含む)。学校、学級、絵画教室、クラブ単位の参加も歓迎します。「自由研究」は2人までとします。
■ 作品
つぎの応募形式からえらんでください。

個人応募(共同研究含む) / 学校・団体応募
(1)「研究部門」=観察図、自由研究
(2)「創作部門」=絵画、絵本、作文(創作文、詩歌含む)、工作

(くわしい応募の規定はコンクールウェブサイトwww.umitosakana.comをご覧ください)
■ 応募方法
コンクールウェブサイトから応募申請登録を行うと入手できる応募カードをはりつけ、事務局までお送りください。応募作品の返却はいたしません。
■ 送り先
〒354-0045埼玉県入間郡三芳町上富1141の10日宣ビジネス内とさかな」自由研究・作品コンクール係。応募ガイドの請求はFAX049-274-7815へ。
■ 問合せ先
同事務局 E-mail guide@umitosakana.com
■ 募集期間
【応募申請登録期間】9月22日(金)まで。
【応募作品受付期間】9月29日(金)必着。
■ 審査員
坂本和弘(多摩動物公園)、竹葉有記(農林水産省)、山中謙司(文部科学省)、佐藤孝子(海洋研究開発機構)、檜山義明(水産研究・教育機構)、飛田浩昭(青山学院初等部教諭)、森田和良(筑波大学付属小学校教諭)、村山知博(朝日新聞社)、森井茂夫(日本水産株式会社)、高木文哉(朝日学生新聞社)
■ 入選発表
11月中旬~下旬、朝日新聞、朝日小学生新聞紙上、およびコンクールウェブサイトで。
■ 賞
農林水産大臣賞=2点
文部科学大臣賞=2点
海洋研究開発機構理事長賞=2点
水産研究・教育機構理事長賞=2点
日本水産学会会長賞=2点
朝日新聞社賞=2点
朝日学生新聞社賞=2点
日本水産株式会社賞=2点

以上、研究、創作の部各1点ずつ。入賞者には賞状、盾、副賞として5万円分の図書カードをおくり、有名テーマパーク(千葉県浦安市)に招待します(グループ作品最優秀賞は表彰式と有名テーマパークへの招待はございません。賞状、盾、副賞として10万円分の図書カードを贈呈します)。また、参加者全員に「海とさかな博士号」認定証と参加賞を差し上げます。
■ 表彰式
12月2日(土)ロイヤルパークホテル(東京都中央区)で。
■ 主催
朝日新聞社 朝日学生新聞社
■ 後援
農林水産省 文部科学省 海洋研究開発機構 水産研究・教育機構 海外子女教育振興財団 日本水産学会
■ 協力
日本動物園水族館協会
■ 協賛
日本水産株式会社

応募対象年齢が同じコンクール

Page Top